今需要が高まっているバーチャルオフィス!口コミで人気の会社をランキング形式でご紹介します♪

バーチャルオフィス選びはアクセスも重要

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/18

ビジネスで経費削減は重要ですが、それ以上に会社の信用は大切です。会社の信用を得るためには、好業績だけでなく、最初にクライアントを獲得する際に必要なのが会社のイメージです。その際の大きなファクターに、会社の住所があります。名古屋などの大都市では、経費を抑えつつイメージを上げる方法の1つとしてバーチャルオフィスがあります。

バーチャルオフィスとはどのようなサービスか

会社経営の際に重要なのは、いかにコストを抑えて利益を上げるかということです。コストにはさまざまなものがありますが、その中でも大部分を占めるのが人件費と固定資産費です。とくに固定資産費については、建物などの維持管理のために必要な経費と同時に固定資産税の負担があります。

通常、これから取引を始めるクライアントが持つ会社のイメージの中で大きな部分を占めるのが、会社のオフィスなどがどこにあるかという店です。東京や名古屋のような大都市の中の一等地にオフィスを構えていると、それだけで会社の印象が上がることもあります。そのため、オフィスを多くの人が知っている有名な場所に選ぶことを望む企業もあります。

また、こうした場所は交通のアクセスもいいので、実際に企業活動を行うのには好都合でもあります。しかしその分地価も高く、自社ビルを建設することは大変大きな出費となります。また、地価の高い場所に自社ビルを持つと、固定資産税も高額になり、コストとして会社経営の活動に大きな影響を与えることになります。

コストを抑えつつよい立地にオフィスを持ちたいという希望から、多くの企業は都心部では自社ビルを持つのではなく、賃貸でオフィスを構えることが一般的になってきています。しかし、地価が高い有名な場所では賃貸料も大きな額になってしまいます。こうした状況から、近年利用されるようになったのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスは住所の貸し出しや関連するサービスを提供するもので、経費を抑えながら一等地を会社の住所にできます

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

バーチャルオフィスは、そのサービス会員の企業に住所などを提供するサービスです。似たようなサービスとして、以前からレンタルオフィスがあります。両者には同じ部分もあれば違う部分も含まれています。

レンタルオフィスとは、実際にスペースを貸し出すサービスのことです。したがって、レンタルオフィスの場合には、ビルの一部のスペースなどといったものを物理的に提供します。オフィスビル一棟の賃貸に比べると規模も小さいため、経費も低く抑えることができますが、形態としてはビルの賃貸と同様の仕組みになります。

レンタルオフィスの場合、問題になるのが広さです。オフィスに必要な広さは従業員数や設備によって決まります。これらが多ければ多いほど広いスペースが必要となり、その分レンタル費用は大きなものになります。名古屋などの大都会の一等地にオフィスを構えるとなると、社員やクライアントの来社のためのアクセスとしてはよいのですが、かかる経費はかなりの額になります。また、オフィスの中に必要なものは自社で準備する必要があり、賃料以外にも大きなコストがかかってしまいます。

こうしたレンタルオフィスに対し、バーチャルオフィスでは、運営会社が所有する住所の貸し出しを行うものであり、実際のオフィススペースを高い地価の場所に持つわけではありません。これにより大幅に経費を抑えることができるようになります。クライアントとの会議を開く必要がある場合には、運営会社が用意した会議室を借りることができるため、スムーズな会社運営が可能になります。

バーチャルオフィスへのアクセスの重要性について

前述の通り、バーチャルオフィスは運営会社の提供する住所を借りるサービスです。また、それに付随して各社専用の固定電話番号レンタルや会議のときに必要なレンタルスペースも提供してくれます。クライアントは来社の際、オフィス住所として表示されている場所を想定して交通アクセスを確認し、出張や会議日程などの決定を行います。運営会社が提供するバーチャルオフィスの住所は、交通網が発達した大都市の中でも、とくにアクセスがよい一等地であることが、クライアントにとっても会社にとっても重要なポイントになります。

とくに初めての取引を行うクライアントは、ホームページや名刺に書かれた住所に会社の実体があることを想定しています。クライアントを招いて会議を行う際には、運営会社から会議室の提供を受けますが、その場所は会社住所と同一、少なくとも貸し出しを行っている住所の近隣であることが必要になります。バーチャルオフィスの運営会社を選択する際には提供される住所の交通アクセスを充分に考えておく必要があります。

借りた側にとってメリットが多く、アクセスがよいのはもちろんのこと、理想としては、クライアントには会社がそこにあることについて違和感を持たないようにする工夫が重要です。運営会社を選ぶ際にはその所在についてもよく見ておくことが必要です。近年では全国各地にバーチャルオフィスが存在しています。コスト面・アクセス面ともに、自分の会社にとって最も適している運営会社を選ぶことがポイントです。

 

ここまで述べてきたように、バーチャルオフィスは企業のブランディングとコストといった課題の1つの解決策となります。このようなサービスは、名古屋などの大都市においてとくに有効なサービスです。運営会社を選ぶ際には、提供される住所への交通アクセスなどを充分に考える必要があります。

バーチャルオフィスランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名オフィスMAST(オフィスマスト)ビジネスリンクス名古屋SOUHATSU(ソウハツ)バーチャルオフィス名古屋ソリューションワンストップビジネスセンター名古屋
特徴郵便物の即日転送、最短翌日から登記に利用できる住所など、スピーディーな対応が人気事業立ち上げや、副業など、事務所を持てない場合でも、簡単な審査で利用可能。入会金不要なのも強み住所利用、郵便物の受取・転送等、スムーズなビジネス運営をサポート郵便物の数量無制限やオフィスでの直接受け取り可能等、柔軟なサービスが人気初期費用や毎月の固定費を抑えて、起業が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索