今需要が高まっているバーチャルオフィス!口コミで人気の会社をランキング形式でご紹介します♪

バーチャルオフィスとコワーキングスペースの違い

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/09


近年、クラウドサービスの進化などにより実際に会社に行って働くという従来型の勤務スタイルが薄れてきています。そのため、実際に仕事をする場所は自宅などであることが多く、そもそも仕事をするスペースが必要なくなり、仕事場にコストをかけたくないと考える人も増加しており、バーチャルオフィスやコワーキングスペースが注目されています。

バーチャルオフィスの特徴とメリット

仕事をするスペースはあまり必要がないとはいえ、事業を行っていくためには住所は依然として非常に大切です。そうした理由から、バーチャルオフィスと契約して住所を利用する人が多くいます。とくに法人登記代行のサービスを目的に利用する人が多いのが特徴です。

また、起業する人達にとって時間が割かれる会社の経理の業務も請け負ってくれるサービスが存在し、このバーチャルオフィスと連携している税理士と顧問契約を結ぶことも可能です。また、事業を開始すると必ず届くようになる郵便物や業務に必要な電話やFAXに対するサービスも兼ね備えています。

まず郵便物においては、本人限定郵便や食品など受け取れない物はあるものの、利用している住所宛に届く郵便物をバーチャルオフィスが受け取ってくれるほかに、郵便物転送サービスなどもあります。電話やFAXにおいては、電話転送サービスや電話秘書代行サービス、FAX転送サービスなど便利で嬉しいサービスがあります。

また、オンライン会議が主流の中、どうしても対面での打ち合わせが必要になってきた場合にバーチャルオフィスで利用している住所に備えられている会議室を使用できます。

このように、バーチャルサービスには幅広いサービスがありますが、一番のメリットはイニシャルコストを非常に低く抑えることができるという点です。必要なサービスを効率よく利用してコストを低く、それがバーチャルオフィスです。

コワーキングスペースの特徴とメリット

コワーキングスペースはさまざまな設備を共有することで、在宅ワークが可能な会社員や個人事業主、ノマドワーカーなど、縛られないオフィス環境で仕事をしている人達に重宝されています。

コワーキングスペースの特徴は、仕事場がカフェや図書館のように開かれた空間になっているところです。類似した施設であるレンタルオフィスやシェアオフィスのような個室の形態とは異なり、開かれた空間で仕事をできるのがメリットです。また、プリンターや机などさまざまな設備を共有することでオフィススペースを低コストで利用できるのも大きな魅力といえます。これらの設備を共有することで、月々1万円から3万円程コストを抑えることが可能になるからです。

さらに、一つのオフィスを共有することで、普段はあまり接することがない多種多様な業界や業種の人達と接する機会が多くなるのが大きなメリットになります。とくに、在宅ワークなどになるとどうしても一人で仕事をすることが増え、異業種の人達どころか同業者ともあまり会う機会が減ってしまうものです。

コワーキングスペースにおいて幅広い業種の人達と交流することによって、スキルアップや情報交換ができるようになります。それまでにはなかった新しいビジネスを創り出せる可能性が出てくるのは非常にわくわくするもので、仕事へのモチベーションが一段とアップするでしょう。このように、コワーキングスペースは、低いコストでさまざまな人と交流することをメリットとする人におすすめです。

名古屋のバーチャルオフィス、コワーキングスペース事情

名古屋には、中区を中心にさまざまなバーチャルオフィスやコワーキングスペースが存在します。中でも名古屋駅や丸の内駅、伏見駅や栄駅、久屋大通駅などのオフィス街の周辺には、シェアオフィスやレンタルオフィスが多く存在しています。

とくに名古屋では起業する際などには、賃貸のオフィスを利用するよりも、コワーキングスペースのようなシェアオフィスなどを利用した方が初期費用を低く抑えることができるので、このようなオフィス街においてパソコン一つで仕事が始められるのはとても便利だといえるでしょう。また、会議室のような共有の設備を利用することで、月々の利用料を低く抑えることができるのは、とても魅力的です。

さらに、名古屋エリアは将来的にはリニア中央新幹線がオープンするということで、今後はますます注目される場所でもあるので、人気のオフィス街でバーチャルオフィスやコワーキングスペースを利用できるのは、コストの面でもオフィス環境の面でもメリットが多いです。

また、格安のバーチャルオフィスの会社などもあるので、コストの心配が少なく、割と気楽に利用できるのでいろいろなサービスを比較してからオフィスを選択するのもよいでしょう。さらに、名古屋では実際にカフェを備えたコワーキングスペースが存在するなど、新しい形態のオフィス環境を備えたサービスを利用することもできます。

 

バーチャルオフィスやコワーキングスペースは、とくに最近の新型コロナウィルスなどの影響もあり、今後ますます注目されていきます。利用目的によって受けるサービスはさまざまですが、低いコストで且つ新しい形態のオフィス環境で仕事ができるので、目的に合わせてバーチャルオフィス、コワーキングスペースを選択するとよいでしょう。

バーチャルオフィスランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名オフィスMAST(オフィスマスト)ビジネスリンクス名古屋SOUHATSU(ソウハツ)バーチャルオフィス名古屋ソリューションワンストップビジネスセンター名古屋
特徴郵便物の即日転送、最短翌日から登記に利用できる住所など、スピーディーな対応が人気事業立ち上げや、副業など、事務所を持てない場合でも、簡単な審査で利用可能。入会金不要なのも強み住所利用、郵便物の受取・転送等、スムーズなビジネス運営をサポート郵便物の数量無制限やオフィスでの直接受け取り可能等、柔軟なサービスが人気初期費用や毎月の固定費を抑えて、起業が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索