今需要が高まっているバーチャルオフィス!口コミで人気の会社を紹介します♪

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/09


起業をした時にすぐにオフィスを用意できるとは限りません。そのため、オフィスを構えられるまでバーチャルオフィスサービスを利用するケースが増えています。レンタルオフィスと混同されやすいバーチャルオフィスですが、レンタルオフィスは事務所を借りるサービスであり、バーチャルオフィスとは異なります。

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスは貸事務所とは違って、一つのスペースを借りる形になります。共有スペースを提供するコワーキングスペースとも異なり、個室を借りることができ、コピー機や電話やネット回線なども備わっているので、オフィスとしての機能はほぼすべて持っています。

貸事務所の場合は物件を借りる事になるので、別途機器類をリースやレンタルする必要がありますが、レンタルオフィスはすぐに使えるので便利です。レンタルオフィスでは共有施設として会議室が備わっていることが多く、会議を行いたい時に活用する事ができます。机や椅子などの備品も借りられるので、事業をスタートしたばかりの会社にとっては役に立つでしょう。

会社の規模に合わせてオプションを変更でき、初期費用を抑えられができます。レンタルオフィスの住所を使って法人登記や口座開設も可能です。

取引先や顧客から信頼を得たいときには実際に事務所があった方がよいので、最初の事務所開設のために使うというのもよいでしょう。名古屋にもレンタルオフィスが数多く存在しているので、駅からのアクセスなどを考慮して、会社の用途に合ったサービスを利用するのが望ましいです。

一方で、デメリットは他社も共有している施設であるため、貸事務所よりもセキュリティなどを確認しておく必要があるという点です。しかし、これは他社との交流の場にもなるというメリットも内在しています。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスはレンタルオフィスとは異なり、事務所となる個室を借りず住所と電話番号だけを借りられるサービスです。オフィスを持たない人がビジネスで必要な郵便物を受け取る際、従来は私書箱を利用するのが一般的でしたが、近年ではバーチャルオフィスで住所を借りて、その住所宛に郵便物を送ってもらうといった利用の仕方が増えています。

また、固定電話を引くには事務所が必要ですが、事務所を借りるのには時間や費用がかかります。すぐにオフィスの機能を稼働させたい時に電話が間に合わないということも起こりえるのです。このようなとき、すぐに電話番号を借りられるバーチャルオフィスは役立ちます。

一方で、個室や事務所を借りられないということは、法人登記や銀行口座の開設などにおいて不利になる場合もあります。実際に手続きができるかどうかは法人登記や銀行口座開設などをする際に、銀行や役所などに確認をする必要があるでしょう。銀行で法人口座を開設する際、カード会社で法人向けのクレジットカードを発行する際には審査が行われます。

バーチャルオフィスを利用して住所や電話番号を借りた場合、会社の実態が確認できずに審査を通過できない可能性もあります。バーチャルオフィスの効果的な使い方は、名刺に住所や電話番号を入れておくことや郵便物を受け取るタイミングです。オフィスとしての住所や電話番号があるだけで顧客や取引先からの信頼度は高まります。起業を始めたばかりの場合、信用を築くために使えます。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

バーチャルオフィスとレンタルオフィスは似たようなサービスだと思われがちですが、レンタルオフィスの方が貸事務所に近い形態のサービスです。バーチャルオフィスは、オフィススペースの利用をする事ができず、事務所が必要であるなら別途貸事務所を借りたり、自宅を事務所へ改造したり、レンタルオフィスの利用をしたりしなければいけません。

名古屋には、いずれの形態のサービスも運営している会社がたくさんあります。企業や個人が事業の内容や規模や用途に合わせて、サービスを選んで使えば、現在の企業に足りないものを短時間で用意できるのが大きなメリットです。顧客や取引先の信用を得るには、会社の実態が確認できるのは重要な要素であり、その点でレンタルオフィスはバーチャルオフィスよりも信頼が得易いでしょう。

名古屋にあるレンタルオフィスは、機能面やサービス面で質が向上しています。おしゃれで、事業で必要になる備品をいつでも借りられるのは、企業にとって安心です。

セキュリティについても充実しているケースが多く、自ら警備会社と契約する手間と費用をかけなくてもよいのはメリットがあります。バーチャルオフィスは、既に事務所があって他の住所や電話番号が必要になった時に利用すれば、連絡先を分散させられます。サービスの使い分けをする事で、事業の効率化を図れるようになります。

 

バーチャルオフィスとレンタルオフィスは異なるサービスであり、個室や会議室や備品を借りられるかどうかの違いがあります。住所や電話番号を借りられるという点は共通しており、利用者としてはオフィススペースが必要であるかどうかで選ぶ事になります。

バーチャルオフィス比較

商品画像
商品名ビジネスリンクス名古屋SOUHATSU(ソウハツ)バーチャルオフィス名古屋ソリューションワンストップビジネスセンター名古屋オフィスMAST(オフィスマスト)
特徴事業立ち上げや、副業など、事務所を持てない場合でも、簡単な審査で利用可能。入会金不要なのも強み住所利用、郵便物の受取・転送等、スムーズなビジネス運営をサポート郵便物の数量無制限やオフィスでの直接受け取り可能等、柔軟なサービスが人気初期費用や毎月の固定費を抑えて、起業が可能郵便物の即日転送、最短翌日から登記に利用できる住所など、スピーディーな対応が人気
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索