今需要が高まっているバーチャルオフィス!口コミで人気の会社を紹介します♪

登記にも使えるバーチャルオフィス

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/09


名古屋でバーチャルオフィスを使った起業が増えています。都心の一等地に格安の費用で事務所を構えることができる点が好評です。バーチャルといっても、通常の賃貸物件同様に登記が可能で、会社宛の郵便物も代わりに受け取ってもらえます。今回は、バーチャルオフィスを使って得られるメリットや選び方、注意したいポイントをご紹介します。

バーチャルオフィスを利用するメリット

バーチャルオフィスを利用すると、多くの費用をかけずに都心の一等地に自社の事務所を構えられます。名古屋で事務所を借りるようとすると、とくに都心部の物件では高額な敷金や礼金が必要となるものです。しかし起業を考える方の中には、資金的な余裕がない方も少なくありません。

優れたビジネスモデルであっても、資金的余裕がなくては成功に結び付けられないものです。事務所のような固定費を削減できれば、事業運営に投じる資金に余裕を持たせることが可能となります。

また、名古屋の都心部に住所を持つことは、対外的な信用を高めることへとつながります。名刺の住所欄に名古屋の一等地の住所が記載されているだけで、顧客の信用を掴み取ることができるからです。ネットショップの運営に携わる方にも同様の考えが適用されます。自社で運営するサイトの信用を高めるには、住所欄の記載が大切となるからです。

初めてサイトを訪ねてきた方は、会社に対する前提知識がないものです。会社の所在地が信頼できるものであれば、ユーザーも安心して利用できると意識していきます。バーチャルオフィスを利用することにより、少ない予算で法人登記が可能な事務所を、名古屋の一等地に構えることができるのです。事業が軌道に乗るまでの運営費用を抑えられれば、成功に結びつく可能性が高まっていくのです。

バーチャルオフィスを選ぶ際の基準

バーチャルオフィスを選ぶ上では、予算や立地条件以外にも、いくつかポイントを抑えておくことが必要です。オフィスを提供する会社のなかには、付加サービスによって料金プランが違うところもあります。名古屋の都心部に住所を持つだけではなく、電話転送などの付加サービスを求める方は多いからです。

会社が信用を保つためには、固定電話の番号を保持するほうがよい場合も多いものです。企業のブランディング活動を営む場合であっても、自社専用の固定電話の番号があることは大切な要素となるからです。通販サイトを立ち上げる際などには、顧客からの問い合わせを受信する専用の電話番号としてフリーダイヤルなどの固定電話の番号が必要です。

電話だけではなく、会社に届く郵便物を受け取れるシステムが提供されているかも、オフィス選びの際の重要な判断基準となるものでしょう。名古屋で提供されているバーチャル型オフィスには、電話や郵送物の転送機能が付与されているものも数多く見られます。

立ち上げ当初にはイメージできない、成長後の自社の業務状況ではありますが、オフィスを契約する際には、将来を見据えた必要事項の検討を行うことは欠かせないのです。事業拡大のために必要な機能が何かを判断しておき、契約時のオフィス選定の条件としていくことが大切となるのです。少ない固定費で必要なサービスを得られるかの判断が大切です。

バーチャルオフィスを契約する際の注意点

バーチャルオフィスを契約する際には、事前に注意しておくべき点もいくつかあるものです。名古屋の都心部の好立地で事務所を開業できるバーチャルオフィスですが、登記が行えても開業ができないケースも有り得ます。

税理士や司法書士などの士業と呼ばれる類では、バーチャルオフィスでの開業は難しいとされています。不動産業も同様にバーチャル型のオフィスでは事業を営むことができない場合もあります。

事業が拡大していくと、取引先とのやり取りを法人口座で行うようになるものです。バーチャル型オフィスでは、銀行に法人口座を開設できないこともあります。順調に取引先が増えていき、手形でのやり取りを行いたいと思ったときに、自社の口座が開けない可能性もあるのです。

将来に備えた付加サービスの確認だけではなく、オフィスを運営している事業者の業績の確認をすることを怠らないことも大切です。財務状態に問題のある業者が運営しているオフィスの場合には、利用を続けている間に倒産の憂き目に見舞われてしまうこともあるからです。

長期的に見て安心して利用できる業者を選び、物件の契約を行うことが大切です。物件を選ぶ際には、登記上の存在だけでよいのか、ミーティングスペースなど実体があった方がよいのかの判断も必要です。来客をともなう業種である場合には、会議室などの来賓スペースが備わっている方がよいからです。事業が続く限り使用する物件ですから、長期的な展望に従って選ぶことが大切なのです。

 

名古屋でもバーチャルオフィスの利用が増えています。登記も可能ですし、少ない費用で都心の一等地に事務所を構えることができる点が好評です。オフィスを選ぶ際には、将来に亘って事業を拡大していった際に、問題が生じることがないかを考えておくことも大切です。

バーチャルオフィス比較

商品画像
商品名ビジネスリンクス名古屋SOUHATSU(ソウハツ)バーチャルオフィス名古屋ソリューションワンストップビジネスセンター名古屋オフィスMAST(オフィスマスト)
特徴事業立ち上げや、副業など、事務所を持てない場合でも、簡単な審査で利用可能。入会金不要なのも強み住所利用、郵便物の受取・転送等、スムーズなビジネス運営をサポート郵便物の数量無制限やオフィスでの直接受け取り可能等、柔軟なサービスが人気初期費用や毎月の固定費を抑えて、起業が可能郵便物の即日転送、最短翌日から登記に利用できる住所など、スピーディーな対応が人気
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索