今需要が高まっているバーチャルオフィス!口コミで人気の会社を紹介します♪

SOUHATSU(ソウハツ)の画像1

おすすめポイント業界最安値級の激安価格でオフィスが持てる
会社名 創発株式会社
URL https://www.souhatsu.jp/
所在地 【本社】 〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野2-11-20
【埼玉支社】〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-446 小島ビル1号館2F
連絡先 【本社】TEL:06-6147-5940/050-3786-4910
FAX:050-3153-1827
【埼玉支社】TEL:048-793-4494
営業時間 10:00~17:00/年中無休
事業内容 レンタルオフィスの運営
ファイナンシャルプランニング
証券投資に関するコンサルティング
不動産の所有、管理、賃貸、売買及び仲介
国家試験、資格試験等の受験指導及びカウンセリング並びに講習会、研修会の開催
教育研修に関する商材の企画、制作及び販売
損害保険代理店業及び生命保険の募集に関する業務
記帳、給与計算、経理事務及びその他各種事務手続の代行
インターネットウェブサイトの企画、制作、運営、管理及びコンサルティング
前各号に附帯関連する一切の業務

SOUHASTSU(ソウハツ)は、他社と比べて圧倒的に月額料金が安いことを売りにしている会社です。どのくらい安いのかというと、プランによっては驚くべきことに月額1,000円以下でバーチャルオフィスを利用可能となっています。

展開エリアは埼玉県さいたま市、愛知県名古屋市、大阪府大阪市です。どのエリアも住所として非常に信頼性が高い土地なので、SOUHATSUを利用すれば企業や個人事業主としての信頼性を高められることでしょう。

SOUHATSU(ソウハツ)の画像

SOUHATSU(ソウハツ)

業界最安値級の激安価格でオフィスが持てる

公式サイトで詳細を見る

目的別に使い分けられる6種類のプラン

SOUHATSU(ソウハツ)の画像2

SOUHATSUには、合計6種類のプランが存在します。それぞれに違った特徴があるので、一体どのようなものなのか見ていきましょう。

エントリープラン

初めてバーチャルオフィスを利用する人向けのシンプルなプランです。内容としては、住所利用、郵便物などの受け取り代行・転送という必要最低限なものになっています。

月額料金は、破格の770円(税込)です。バーチャルオフィスの月額利用料金の相場がおよそ3,000~5,000円ほどなので、業界最安値級という宣伝文句は偽りではないといえるでしょう。

ただし、気を付けなければいけないのが、入会金として1万1,000円がかかることです。加えて、郵便物の転送にも1回につき転送費用実費+転送手数料216円(税込)が必要なので、場合によっては1ヶ月の料金がかなり高くついてしまうことも考えられます。

また、エントリープランでは一ヶ月に代行受取してもらえる郵便物の数が5通未満で、しかも宅配便の受け取りはしてもらえないという制限があります。そういった注意点を考慮しても問題なく利用できる人にとっては、破格値のお得なプランだというわけですね。

ベーシックプラン

エントリープランに存在する「1ヶ月の郵便物受取代行可能数制限」がなくなったプランです。業務上、頻繁に郵便物が届くという人には、こちらのプランのほうがエントリープランよりおすすめです。

サービス内容は住所利用、郵便物などの受取代行・転送で、月額料金は3,300円となっています。ただし、このプランも入会金は1万1,000円(税込)発生するため、エントリープランと同じく注意が必要です。

そして、もう一つエントリープランと同じポイントとして、宅配便の受け取りができません。この点も忘れていると困ってしまいかねないので、利用する際はよく覚えておくようにしましょう。

スタンダードプラン

住所利用、郵便物などの受取代行・転送に加えて、レンタルした住所による法人登記が可能なプランです。そのうえ、宅配便を指定の住所へ無料で転送してくれるサービスも付いています。

月額利用料金は6,600円(税込)です。入会金1万1,000円(税込)が必要なのはエントリープランやスタンダードプランと同じなので、こちらのプランを利用する際もよく注意しておきましょう。

レンタルデスクプラン

レンタルブース、およびデスクの利用が可能なプランです。実務作業が必要な人向けのプランとなっています。

ブースやデスクは固定席となっており、コワーキングスペースのようなものではないことには気を付けましょう。月額利用料金は1万3,500円(税込)と、他プランと比べると少し高めですが、住所ではなく場所を借りられてこの価格なら、コストパフォーマンスはなかなかよいといえます。

転送電話プラン

市外局番06(大阪)、048(埼玉)を利用できるプランです。月額利用料金は5,500円(税込)ですが、初月は設定料として別途6,600円(税込)が必要となります。

共有FAXプラン

市外局番06(大阪)、048(埼玉)のFAX番号を利用できるプランです。こちらの月額利用料金は転送電話より少し安い3,300円(税込)ですが、初月は設定料として別途6,600円(税込)が必要なのは共通しています。

SOUHATSU(ソウハツ)の画像

SOUHATSU(ソウハツ)

業界最安値級の激安価格でオフィスが持てる

公式サイトで詳細を見る

利用の流れ

SOUHATSU(ソウハツ)の画像3

SOUHATSUのサービスを利用するには、まず電話かメールで問い合わせる必要があります。その際、どのプランを利用したいのかを伝えるようにすると、その後のやり取りがスムーズになるでしょう。

問い合わせ後、本人確認資料の提出を求められます。その資料をもとに申込内容を確認するための連絡が来たのち、実際の連絡先住所などといった必要書類が送付されてきます。

次に行うのは入金です。入金の確認が済むと利用開始案内メールが届くので、なるべく早く入金をすれば、それだけ早くサービスを利用できるようになることが見込めます。

以上が一通りの流れですが、転送電話サービスを併せて利用する場合は、一連の手続きが済んだ後、後日利用できる電話番号が通知されます。複雑なことは特にないのでありがたいですね。

SOUHATSU(ソウハツ)の画像

SOUHATSU(ソウハツ)

業界最安値級の激安価格でオフィスが持てる

公式サイトで詳細を見る

利用者の声

SOUHATSU(ソウハツ)の画像4

実際にSOUHATSUを利用している方の声を見てみると、どうやらビジネスでの利用ではなく、セカンドアドレスとして個人的に利用している方もいるようです。その方は、同居している両親が郵便物を詮索するのが嫌で、その問題の解決策としてSOUHATSUのベーシックプランを契約したといいます。

また、干物の製造販売をしているという別の方は、社長の指示でホームページ上の発信拠点を追加するにあたり、SOUHATSUのサービスに出会って利用を決めたそうです。長崎が本店だそうですが、SOUHATSUのサービスを利用して大阪の野田阪神店を支店として登記したところ、業績が前年比1.6倍まで上がったんだとか。

どちらの方も、SOUHATSUを利用することで状況が好転しています。実際によい効果が生まれているというのを聞くと、信頼度が高まりますね。

まずは「お近くの店舗へ訪問」してみよう!

SOUHATSUの店舗は、大阪野田阪神店、大阪城東店、さいたま大宮店、さいたま浦和店、名古屋新栄店の合計5店舗です。どの店舗も共通して、年中無休でいつでも営業しているので、お近くにお住まいの方はぜひ直接足を運んでみてください。

もちろん、電話やメールでの問い合わせも受け付けています。大阪・埼玉・名古屋で住所利用したいのであれば、一度SOUHATSUに連絡してみるのがおすすめです。

SOUHATSU(ソウハツ)の画像

SOUHATSU(ソウハツ)

業界最安値級の激安価格でオフィスが持てる

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索

バーチャルオフィス比較

商品画像
商品名ビジネスリンクス名古屋SOUHATSU(ソウハツ)バーチャルオフィス名古屋ソリューションワンストップビジネスセンター名古屋オフィスMAST(オフィスマスト)
特徴事業立ち上げや、副業など、事務所を持てない場合でも、簡単な審査で利用可能。入会金不要なのも強み住所利用、郵便物の受取・転送等、スムーズなビジネス運営をサポート郵便物の数量無制限やオフィスでの直接受け取り可能等、柔軟なサービスが人気初期費用や毎月の固定費を抑えて、起業が可能郵便物の即日転送、最短翌日から登記に利用できる住所など、スピーディーな対応が人気
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく